心を虫食む更年期障害は治療で治せる時代に

確実に摘出するために

手

聴神経腫瘍が3cm以下の場合は、放射線治療も可能なため、ガンマナイフやサイバーナイフ治療が受けられる病院を受診すると良いでしょう。また、的確な手術を受けるためには、医師の手術経験が重要になるので、脳神経外科の実績を指標にして病院を探すと良いでしょう。

More Detail

免疫細胞療法でがんを治す

患者とナース

体内にもともと備わっている免疫システムを強化してがん治療に役立てる治療法を、免疫細胞療法といいます。樹状細胞療法はその1つで、がん細胞を異物として認識し、攻撃する際の効率を高めることでがんの撲滅を目指す治療技術です。

More Detail

女性ホルモンが減少する

頭を触る女性

閉経前後に変化を感じる

閉経の年齢は、45歳の人がいれば55歳の人もいて個人差がありますが、平均すると50歳くらいで迎えます。一般に更年期と呼ばれるのは閉経を挟んで前後5年間程のことを指します。この時期は心身に変化を感じる女性が多くなります。何故なら卵巣からの女性ホルモンの分泌が急激に減少する一方で、ホルモン分泌の指令が出る脳からはホルモンを出せという指令が出続けるというアンバランスな状態になってしまうからです。更年期になるとのぼせ、ほてり、不安、無気力など様々な症状が現れます。こうした症状が日常生活に支障が出るほど酷くなった場合を更年期障害といいます。現在は更年期障害に対する様々な治療法があり効果をあげています。辛い症状が出たら我慢しないで婦人科や内科を受診しましょう。

辛い症状はホルモン療法

更年期障害の症状に最も効果を発揮するのはホルモン補充療法(HRT)という、女性ホルモンを飲み薬で補う治療法です。但し、この治療を5年以上継続して行うと乳癌の発生率が増えるという研究報告があるので、長期間に渡る服用は慎重に行うべきです。もちろん治療中は病院で定期的な検診を受けることが必要です。短期間の使用にはデメリットがほとんどないので、更年期障害の症状が強い時だけホルモン補充療法を行い、症状が落ち着いたら漢方薬に切り替えるなど、治療には複数の選択肢があります。漢方薬は脳に働きかけ神経の興奮を鎮めるという効き方をします。また、漢方薬は乳癌に罹ったことのある人でも副作用を心配することなく服用することができます。

脳に腫瘍ができた場合は

カウンセリング

脳腫瘍は、脳やその周辺にできる腫瘍すべてです。部位によって良性か悪性かが判断され、最初から脳にできる原発性と、他のがんが転移した転移性があります。頭痛、吐き気や嘔吐、視覚障害などがあり、特に起床後に激しい頭痛がします。治療方法は手術や抗がん剤、放射線などで、特に転移性の場合は放射線は効果があります。

More Detail

このエントリーをはてなブックマークに追加